寝ても寝ても眠いを解消する更年期サプリ通販

更年期サプリ

寝ても寝ても眠い更年期の症状

しっかり寝ているはずなのに眠い、眠気がとれない、これも更年期の多い症状の1つです。
この症状、生理前に何故か眠くなると近いものがあり、意志とは関係なく、どうしようもない眠気に襲われてしまいます。

 

特に、運転をする機会が多い女性は意志とは無関係に襲ってくる睡魔なので注意すべき更年期の症状になります。

 

この眠気は外側からどんなに刺激を受けても一時的には目が覚めても、あっという間に再び眠気に襲われるので外的刺激は効果がありません。
更年期による異常な眠気に一番効果的な方法は、女性ホルモンを補うことです。

 

ですから、病院での治療はピルの服用で女性ホルモンそのものを補います。
しかし、副作用があるため症状が軽い場合など病院で治療を受ける前に更年期サプリから試してみる方が増えています。

 


 

【プエラリア配合更年期サプリ】



 

【レディーズプエラリア99%】
>>詳細はこちら<<

 

 


 

【大豆イソフラボン配合更年期サプリ】



 

【基本のサプリ】
>>詳細はこちら<<

 

更年期サプリのメリット

更年期の症状を一番早く治す方法はピルによる女性ホルモン補充療法ですが、薬の服用となると副作用がともないます

 

そこで、更年期サプリで眠気を改善したいという方が増えています。

 

更年期サプリの服用は大豆イソフラボンやプエラリアなどを代表とする女性ホルモンに似た性質をもつ植物性エストロゲンの成分をサプリで服用すると眠気の症状を改善できる方法です。

 

もう一つのサプリでの方法はハーブや漢方の成分を配合したサプリで女性ホルモン分泌の促進を行う方法になります。

 

どちらのサプリも、お薬よりは即効性がなく効果も劣りますが、継続して飲み続けることで、症状を緩和することができます。
しかも、お薬に比べるとはるかに安全に自分で更年期の治療ができる所が更年期サプリの人気の秘密です。

 

更年期はいつ終了するかわからない病気です。
ピルのような強い薬を飲み続けるよりは更年期サプリのように体に優しく作用する方が飲み続けるなら安心です。

 

 

更年期サプリのデメリット

更年期の時期になり、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されるのが減ってしまうと、更年期障害と呼ばれるいろいろなつらい症状に悩まされる方が多いです。

 

更年期では自律神経が乱れてしまうことで頭痛やほてりが出てきたり、うつっぽい状態になったりなど症状はいろいろなようです。

 

そんなつらい更年期の状況を緩和してくれたりするのが更年期サプリです。 
たとえば大豆イソフラボンがたくさん含まれている更年期サプリがあります。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似ている働きがあるために更年期症状を抑えられます。

 

また、これに似た成分にプエラリアミリフィカという成分があります。
これは大豆イソフラボンよりもエストロゲンに似ていて優れているといわれより効果的に更年期の症状に効くと最近人気のある更年期サプリです。

 

しかし、サプリとはいえ過剰に服用すると本来のエストロゲンの働きを阻害してしまうリスクが出てきたり、めまいや吐き気などが出てきてしまうので、更年期障害がもっと悪化したような副作用に悩まされるので注意が必要です。

 

それでも、所詮は植物性エストロゲンでできたサプリ、ピルで摂取するエストロゲンのような強い働きはありません。
と、同時にサプリではピルほど強い副作用も起きません。

 

サプリの安全性は、ピルよりは高いのですが、それでも、植物性エストロゲンでも不調をおこしてしまう人はわずかながらいます。

 

眠い原因が更年期と疲れ

更年期の症状にく疲れやすくなる、だるさを感じるという症状があります。
もう年なので体力がなっくなったなーですませている方も多いのですが、実は更年期が原因の場合もあるので注意が必要です。

 

更年期の症状、初期段階で疲労が取れにくくなり、疲労は眠気となって襲ってきます。
寝ても寝ても疲れが取れない、眠くてたまらない、仕事中でもかまわず寝落ちしてしまうというのも、一見サボリにも見えますが更年期の症状です。

 

最近はパートに出る主婦も増えたので、昼間働き、夕飯を作り 食後は片付けも終えないうちから眠くなってしまいソファでうたた寝。
その後起きてお風呂に入ってもしっかり睡眠、自分でも不思議なくらい深く寝れます。
これで、翌朝スッキリならただの疲れなのですが、 しかし、朝起きても眠い、疲れがたまっているなーと感じつつ週末まで同じ事の繰り返しなら更年期の恐れがあります。

 

どこかでこの疲れの負のスパイラルから抜け出せないものかと思っていませんか?
慢性疲労も更年期の症状ですから、更年期を脱出するまでは取れない可能性も・・
それよりも、更年期の症状が悪化する可能性だってあります。

 

40代で強い眠気・慢性疲労を感じたら、疲労回復系のサプリではなく更年期サプリで調子を整えるという方法を試すと良いかもしれません。

普段の食生活でも摂取できる植物性エストロゲン

更年期の症状を感じたら普段食べている食物で植物性エストロゲンが含まれている食品を積極的に食べるというのもオススメです。

 

小豆は、女性ホルモンを増やすとして有名ですが、更年期改善でよくあげられる豆は大豆、レンズ豆、ヒヨコ豆、いんげん豆、枝豆などの豆類つまり大豆イソフラボンです。

 

だとすれば、サプリは不要で普段の食生活で女性ホルモンは補えると思った方もいるかもしれません。
しかし植物性エストロゲンは食べるだけでは残念ながら女性ホルモンの代わりにはなりません。
女性ホルモンにならないと更年期は改善されないので、大豆をボリボリ食べても更年期は改善されません。

 

ちょっと難しい話になりますが、大豆が女性ホルモンの代用となる植物性エストロゲン(大豆イソフラボン)になるためには
腸内細菌の酵素の力を借りて「アグリコン」という状態にする必要があるため、腸内環境が整っておかないと植物性エストロゲンとして働くことができません。

 

但し、大豆の加工食品である、味噌・納豆や醤油は加工される段階で、植物性エストロゲンである「大豆イソフラボン」の状態になっているので食べるだけで
更年期の症状改善に期待できます。

 

しかし・・・

 

更年期予防に1日に必要な大豆イソフラボンの摂取量は40r〜75mgです。
味噌汁なら1日15杯なので塩分から考えると毎日食べることは非現実的な量です。
納豆なら2パックです。
これなら、いけそうですが、毎日納豆2パックも納豆が嫌いならハードルが高いですね。

 

食生活でも摂取できるエストロゲンですが、サプリの方が簡単かもしれません。

 

 

 

サプリの効果と副作用について

普段の食事のみでは欠乏しがちな栄養素を摂取するために、サプリを使う人は多いようです。
健康増進に興味がある人や、お肌をきれいにしたい人などが、サプリを使っています。

 

食の欧米化が進み、日本食離れが問題になっている昨今では、栄養バランスの偏った食事をする人が大勢います。
サプリを使えば、不足を補いたい栄養素を手軽に体内に取り入れることができますので、食事の補助として役に立ちます。

 

市場に出回っているサプリの種類は、膨大な数にのぼります。メーカーによってサプリの内容は違っており、価格や品質、原材料も実に色々です。
サプリを購入する前には、よくそれぞれの商品の内容を比較して、悩みに合うものを選んでいきましょう。
医薬品と違って、サプリは体質改善のために摂取します。そのため、即効性は期待できず、継続的に使って始めて効果があらわれます。

 

日々サプリを飲み続けるというと、副作用の問題が気がかりです。ですが、サプリは薬とは異なりますので、正しい使い方をすれば副作用のリスクはほぼありません。

 

たくさん飲み過ぎると、よくない効果が起きることがありますので要注意です。
多くのサプリは、飲み過ぎたとしても余った栄養分は身体から出ていくだけの話ですが、場合によっては、身体が使い切れない栄養素が体内に残り続けることがあります。

 

もともとアレルギー体質の人は、サプリに使われている材料や成分にアレルゲンが含まれていることがないように、しっかりチェックをしておいてください。
サプリ同士で相性の悪いものもありますし、医薬品と相性が悪いものもありますので、他のサプリや医薬品も飲むという場合は飲み合わせにも注意しましょう。

 

サプリの人気の成分について

 

日本国内でも愛用者が増加しているサプリですが、特にビタミンサプリを使っている人が多いようです。
一口にビタミンといっても、機能や、性質によって、10種類くらいに分かれています。

 

いずれのビタミンも体にとって必要なものですので、食事や、サプリできちんと補給しておくことです。
ビタミンが全部揃っていることで、全身の機能を調整することができるのです。
人の体は、自分の体でビタミンを生成することが不可能なため、足りないビタミンは足りないままです。

 

各種のビタミンを効率的に摂取するために、マルチビタミンのサプリが販売されていますので、ビタミン補給に活用してください。

 

マルチビタミンサプリは、抗酸化作用のあるビタミンCや、骨の健康に必要なビタミンD、皮膚や粘膜の健康に必要なビタミンB群など、様々なビタミンが配合されています。

 

その日の食事メニューが、脂溶性ビタミンが多く含まれていた場合は、サプリの使用量を減らすのもいい方法です。
脂溶性ビタミンは、余剰分が体に貯め込まれるためです。

 

年配者の間で高い人気を有しているものに、更年期サプリがあります。
エネルギーの元になったり活性酸素を除去したりする成分である更年期サプリは、若々しさを取り戻したい人向けです。

 

サプリ以外に女性ホルモンを増やすイソフラボンを摂取する方法は、大豆製品がありますが、それほど量が多くはありません。
きれいな肌になりたい人や、健康状態を改善したい人の間で広く人気がある更年期サプリは、多くの人が利用しています。